tetuya0703

MT6Proで投稿しても、homeに反映されません

0

識者の皆様
こんにちは

今回、AWSにMT6ProをCentOSにinstallして動作をさせています
MT6の管理画面にloginして記事の投稿・公開をすることはできるのですが

サイトのURL(http://hogehoge.com)を表示させると、最新の投稿内容が表示されません
サイトのhomeのアンカーをクリックすると、よりいっそうおかしな振る舞いで、MT6を構築したときの一番最初に投稿、現在は削除した記事が表示をされてしまいます

また、サイト自体をリロードすると、最新の投稿は反映されていない、一つ前の状態が表示されます
アーカイブで3月を選択すると、最新の投稿は確認する事は出来るのですが、やはり、homeのアンカーをクリックしたり,サイトをリロードすると振る舞いがおかしくなります

ブラウザーのcacheの問題かとも考え、cacheをクリアしても問題の解決しませんでした
MT6を構築するにあたり、試行錯誤しながら行っていたので、もしかするとMySQLに変なデータが残っていて、それが影響している可能性もあるのでしょうか

それ以外にMT6の設定上の問題もあるかも知れませんので、識者の皆様にご教授賜りたく投稿させていただきました

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

返信(7)

| 返信する
  • tetuya0703 さん

    MT6のブログURLとブログパスは正しく設定されているでしょうか。
    Movable Typeはインストール後、

    ・MT6 で構築したブログ(サイト)のURL
    ・データを公開するサーバーのパス(一般的に、サーバーのルートから記述)

    を個別に設定するようになっています。
    症状からすると、このURLとサーバーパスが正しく一致されていないような気がします。

    CentOS+Apache等の場合、一般的には

    /var/www/html

    以下にサーバーパスを入れるケースが多いかと思いますが、この辺りを今一度ご確認ください。

  • にっくさん

    ご教授ありがとうございます
    頂いた内容を確認しました。
    URLとパスですが問題はありませんでした

    原因としては、AWSのcloudfrontで静的コンテンツを配信している事が原因でした
    いまだ、根本的な解決策は見つけられていないのですが、MT6では新しい記事やコメントをしたとき、もしくは既存の記事の削除をしたときにcache-controlヘッダーを追加するような設定はできるのでしょうか

    色々と調べているのですが、解決に至らず試行錯誤しております

    どうぞよろしくご指導、お願い申し上げます

  • 書き込みを見ている限りではサーバー構成がよく分からないのでなんともいえないですが、Movable Type の環境変数をmt-config.cgiに追記することで、キャッシュを制御して見てはいかがでしょうか。

    http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/config-directives/headercachecontrol.html

  • にっくさん
    ご教授ありがとうございます

    いただいたURLを参考にして設定方法をwebで検索したのですが
    mt-config.cgiに
    HeaderCacheControl no-cache
    を加筆設定してサイトの再構築すれば良いのでしょうか


    現在、私が検証している構成なのですが文字で表すことが難しい構成になっています

    よろしければ、フォーラム以外でご連絡をさせて頂くことはできませんでしょうか

  • tetuya0703さん

    恐縮ですが、個別にソリューション的なご相談をお受けするのが難しい立場におります。

    もしご利用の環境が業務案件に関わるものでしたら、AWSやサーバサイドに詳しい制作会社、開発会社にご相談するか、あるいは仕事として、こちらの掲示板で他にソリューション対応可能な方を探すのが良いと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

  • にっくさん
    無理なお願いをして申し訳ありません

    色々な方法を考えているのですが、簡潔に行いたいこととしては、新しい記事やコメント及び記事の削除をしたときに、再作成をされるindex.htmlにmetadataとして
    Cache-Control no-cache
    を追加出来る方法を考えています

    以前ににっくさんにご教授いただいた
    mt-config.cgiにHeaderCacheControl no-cacheを設定する方法なのですがこれは管理画面でヘッダーに追加される情報で、記事の投稿等には有効にヘッダー情報として追加する事が出来ない事がわかりました

    その後、apache側でヘッダー情報を記事の投稿時等に設定出来ないか色々と試しているのですが、今のところ有効な解決方法は見つかっていません

    にっくさんがもし、記事の公開等でmetatdataとしてCache-Control no-cachを追加する良い方法をご存じであればご教授頂けませんでしょうか

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • CentOS+Apacheの場合なら、.htaccessでmod_expires.cを利用すればCloudFrontに延々キャッシュされる事はなくなると思われます。

    【CloudFront custom origin - 雑多なメモ Wiki版】
    http://www.egrep.jp/wiki/index.php/CloudFront_custom_origin#Cache_.E6.99.82.E9.96.93.E3.81.AE.E5.95.8F.E9.A1.8C
    【CloudFrontのキャッシュ時間(TTL)はどの程度なのか | Developers.IO】
    http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cloudfront-ttl/
    【Amazon CloudFrontのキャッシュファイルを削除する - Fragments of Works】
    http://soto.hatenablog.com/entry/2012/02/29/131512

返信する


OpenID対応しています OpenIDについて